ゲームウォーズ(上) / アーネスト・クライン

西暦2041年。革新的なコミュニケーション・ネットワークが張りめぐらされた世界はいまや、深刻なエネルギー危機に陥っていた。地球の温度は上昇し、資源は枯渇、植物や動物はどんどん死に絶え、飢餓に苦しむ人々であふれている。多くの人々はそうした現実から逃避するように、〈オアシス〉と呼ばれるコンピュータの仮想世界にのめりこんでいた。

ゲームウォーズ(上) | SBクリエイティブ

映画『レディ・プレイヤー1』の原作。
映画は観ていない。下巻読んでから観たい。

とても読み易くてすぐ読み終わった。
翻訳が上手なのか、原本が上手なのか。

80年代のカルチャーに絞った様々なアイコン。知ってるアイコンが出てくると嬉しい。

インターネットが登場して、年代でカルチャーを分けることが難しくなっていっている気がする。
予備知識がなければ、どんなものも、その人にとってはその時に登場したカルチャーになる。

だから、こうやって80年代をフィーチャーした作品を見ると、それ自体に、目新しさや哀愁みたいなものも感じてしまう。

そうでもないか。

映像化をどうやってるのか楽しみ。

似てる投稿

トップページへ