テンペスト(2)/ 阿仁谷ユイジ

かつて、男女同数であった地球に突如として出現し、
人類のY染色体を滅亡させた、<サキュバス現象>。
2000年の時を経て、今度は女性滅亡(ルビ/フィメールロスト)が近づく。
人類を救う唯一の方法として、人工的な男性創出実験が繰り返される一方、
ウイルス保持者(ルビ/キャリア)として隔離された皇。
愛する人を救うため、世界唯一の男性、姫が選ぶ道とは――。
引用元:『テンペスト(2)』(阿仁谷 ユイジ)|講談社コミックプラス

なぜ好きな人が自分以外の人間の子どもを孕むと心が痛むのだろう。恋愛感情は不思議でドラマがある。
巻末のおまけマンガもおもしろい。

トップページへ